Raspberry Pi + CANDY Pi Lite を使って、conect+ と連携してみた! | conect+ - Part 2

Raspberry Pi + CANDY Pi Lite を使って、conect+ と連携してみた!

Raspberry Pi + CANDY Pi Lite を使って、conect+ と連携してみた!

第一回ではラズパイのセットアップから、CANDY Pi Lite の接続を行いました。

今回はconect+での設定方法についてお伝えします。

基本的には、以前の記事「Raspberry Piとconect+をWeb APIでつなげてみた!」で設定した内容と同じですので簡単に解説します。

製品登録

まず、製品の追加です。

基本情報で重要なのは、「接続方法」で"WebAPI"を選択することです。

「製品名」には分かりやすい名前を設定します。

「アプリテーマ」では"スカイ"を選択しました。

 

 

続いてセンサーの登録を行います。今回は温度センサーのみの接続ですが、CANDY EGG で平均温度の計算も行います。

センサータブに移動して、追加(+)ボタンを押下します。

ポップアップダイアログの「キー」に、温度センサーは"temp"を平均温度には"avgTemp"を設定し、追加ボタンを押下します。

 

 

 

 

 

 

 

 

基本情報入力後は、保存ボタンを押下して保存してください。

アプリウィジェット設定

アプリウィジェット設定画面にて、温度センサー、平均温度と連携させるウィジェットを追加し、センサーと紐付けを行います。

 

 

 

 

 

 

 

WebAPI仕様確認

WebAPI画面にて、APIキーを生成します。

APIキー保存後、WebAPIリファレンスが表示されますので、計測データ保存APIのURLを確認します。

次回の CANDY EGG 設定に使用します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上でconect+の設定は完了です。

次回は CANDY RED、CANDY EGG 上でのフローの作成を行います。

 

 

c+

今後ともconect+をよろしくお願い致します。

Connecting great Designs with great Technologies.

 


事業提携のご相談などお気軽にどうぞ!

 

相談する(無料)

 

 

無料でIoTアプリをつくる

 

conect+ではご利用・ご検討をサポートするデモ(無料)を実施しております。

プログラミングやデザインの知識は不要で、conect+やIoTにご興味のある方であればどなたでもお申込み頂けます。

主な内容は、conect+の概要説明および実際の活用事例のご紹介を行ない、その後にサンプルキットを使って、参加者自身で学習していただきます。デモは1名様から実施しておりますのでお気軽にお申込みください。

 

 

更に!フリーユーザー登録でIoT事例集をプレゼント

conect+をご登録の皆さま全員に、独自に調査したIoT課題調査結果と世界のIoT事例をまとめたレポートをプレゼントしております。

 

 

初期費用・月額費用0円で始める
IoTプロジェクト

お使いのIoTプロジェクト規模に応じて選べるプラン

今すぐ始める
  • App Store

お気軽にお問い合わせください

事例集ダウンロード