Raspberry Pi + CANDY Pi Lite を使って、conect+ と連携してみた! | conect+ - Part 4

Raspberry Pi + CANDY Pi Lite を使って、conect+ と連携してみた!

Raspberry Pi + CANDY Pi Lite を使って、conect+ と連携してみた!

第三回では CANDY RED、CANDY EGG でフローの作成を行いました。

最終回では、温度センサーから取得した計測データを conect+ アプリで確認します。

 

センサー → ラズパイの接続確認

センサーを起動して、ラズパイで計測データを受信すると、CANDY RED の debug ビューに摂氏温度に変換したデータが出力されます。

 

 

 

 

ラズパイ → CANDY EGG → conect+ WebAPI の接続確認

また、CANDY EGG にてデータを受信し、conect+ WebAPI にデータ保存されると CANDY EGG の debug ビューに conect+ WebAPI のレスポンス(status:SUCCESS)が出力されます。

 

 

 

conect+ アプリでデータ表示

まずは、AppStoreからconect+をインストールします。

アプリを起動してログイン後に製品を追加し、デバイスIDの設定で"ADT7410_01"を入力します。

データ連携が正しく動作すれば下記のようにスマホアプリで計測データが表示出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、4回にわたりラズパイ、CANDY Pi Lite とconect+との連携方法を解説いたしました。

WebAPIを使用すれば、とてもカンタンにconect+に接続し、IoTアプリのUIを生成できることを感じていただけたと思います。

IoTアプリにご興味のある方は、是非conect+をお試しください。

 

 

 

c+

今後ともconect+をよろしくお願い致します。

Connecting great Designs with great Technologies.

 


事業提携のご相談などお気軽にどうぞ!

 

相談する(無料)

 

 

無料でIoTアプリをつくる