• conect+

温湿度計 IoTガジェット「Sizuku THA」でconect+の基本をマスターする!

最終更新: 2019年12月5日

はじめてconect+でiPhoneアプリを生成するユーザー向け操作について解説します。 conect+の接続の基本は「ガジェット登録」と「アプリ生成」の2つです。

ここで紹介する基本的な操作だけでも、IoTガジェットにふさわしいUIを作ることができます。

[準備するもの]

  1. Sizuku THA(ブレイブリッジ社様のLinking対応温湿度計) →ご購入はこちら

  2. インターネットに接続できるパソコン(最新版のChrome)

  3. iPhone(iOS 10.1以上)

  4. conect+ iPhoneアプリ →ダウンロードはこちらから

[はじめに]

ログインページに行く

https://console.conect.plus/

をブラウザのURL欄に入力して、ログインページに訪問します。 ブックマークするか、https://www.conect.plus/ からもアクセスできます。

ユーザー名とパスワードを入れる

ログインページに「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。もしパスワードをお忘れの場合は、「パスワードリマインダ」をクリックして下さい。


管理画面を見る

ログインすると管理画面が表示されます。このページでIoTガジェットを登録したり、アプリを生成したりします。

色々ありますが、まずは「クリエイト」だけを覚えましょう。「クリエイト」はアプリを生成する際に最も使う機能で、主にIoTガジェット登録、アプリ生成を行います。


次にご自分のIoTガジェットを登録しましょう


[IoTガジェットを登録する]

ここではご自分のIoTガジェットの登録についてお伝えします。情報は後で変更可能です。

メニュー「クリエイト」に移動する

管理画面上部の「クリエイト」より、移動してください。



[+]アイコンからIoTガジェットを登録する

次に、[+]アイコンを押して、ガジェット登録をはじめて下さい。


ガジェット連携コードを設定する ※重要!

まず「ガジェット連携コード」を設定して下さい。このコードがconect+アプリがガジェットを見つける時の名前になっています。IoTガジェットに組み込んだコードと同じコードを記入してください。

Sizuku THAの場合は「Sizuku_tha」 ※大文字小文字を区別します。



製品名を設定する

同じ画面で「製品名」を入力して下さい。「製品名」はアプリの表示名に使用されます。



接続方法とアプリテーマを選択する

そのまま、ガジェットとアプリの「接続方法」を選択してください。 (現在のところ“BLE – Linking”のみが選択できます)

また、「アプリテーマ」も合わせて選択してください。(テーマはデフォルト設定だけですので、あとで変更可能です)



画像を登録する

IoTガジェットの画像を設定します。(現在のところアイコン画像とサムネイル画像のみが使用されます)



搭載センサーを登録する

IoTガジェットに搭載されているセンサー情報を登録して完了です。



保存する

忘れずに保存しましょう。エラーがある場合はコメントが出てきますので、必要事項をご確認ください。

これでIoTガジェット登録は完了です。

さっそくアプリを作りましょう!


[アプリ生成偏]

ここではconect+のメイン機能、「アプリを作る」について説明します。 10分でアプリが作れる驚きのスピードを実感してください。

IoTガジェットに必要なアプリを生成する

IoTガジェットで実現したいアプリを作ります。引き続き管理画面のクリエイトに移動して下さい。

アプリウィジェットを開く

先ほど登録したIoTガジェットの画像か、右上の編集メニューから「アプリウィジェット」をクリックして下さい。


アプリウィジェット画面でアプリを作る

アプリウィジェットの使い方は大きく3つです。

1. 欲しいアイテムウィジェットを選ぶ

   温度なら温度、湿度なら湿度といった情報を、数値表示やグラフ等よりお好みのアイテムを選びます。

2. 各アイテムウィジェットとセンサー情報と紐付ける    ガジェット登録時にセンサーを設定した項目が出ます。

3. アイテムウィジェットを自由に並び替える

   アプリプレビューエリアで、ドラッグ&ドロップでアイテムを自由に配置します。


詳しくは以下のイメージをご覧ください。


保存する

最後に保存して終了です。

アプリの生成・編集はいつでも可能です。

最後に実際のIoTガジェットとアプリの連携を確認しましょう


[接続偏]

IoTガジェットとアプリを連携させる

conect+アプリを起動し、ログインする

お持ちのiPhoneでconect+アプリを起動しましょう。

ログインIDは管理画面のログインIDと同じです。

アプリ上でIoTガジェット画面を追加する

アプリを起動の後、右上の”+”アイコンをタップしてください。

先ほど管理画面上で登録したIoTガジェットが表示されるのでタップし、追加してください。

該当のIoTガジェットと接続する

リンクアイコンをタップし、該当のIoTガジェットを選択します。 (ガジェット識別コードのBLEデバイスを検索します)

接続されれば、IoTガジェットの情報を自動的に取得し、アプリ上で表示します。 (同期のタイミングはIoTガジェットの組み込み設定によります)

グラフ等、複数のデータを使うアイテムの場合は、取得の度にデータを追加します。

 完成です

以上でconect+の基本的な使い方をマスターしました!

これだけで今すぐ十分に素晴らしいIoTアプリを作ることができます。

さぁ、あなたもIoTで新たな可能性にチャレンジしましょう

0回の閲覧
 

conect.plus Corp. - IoT Data Design

 SB Innoventure / SoftBank Group

東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル27階

© conect.plus Corp. All Rights Reserved.