• conect+

飲食店におけるコロナ対策のガイドラインを強化

〜CO2センサーで換気状況を確認〜


飲食店でクラスターが多く発生している状況を受けて、新型コロナウイルス対策として、3密(密集・密接・密閉)を避けるために、飲食店のガイドラインの強化を早急に行う必要があると先日発表がありました。



具体的な方策として、アクリル板の設置や二酸化炭素の濃度が測定できるCO2センサーを設置し、換気状況を確認することなどが挙げられました。



当社が提供する「conect+」の導入事例として、東郷神社・原宿東郷記念館と、obniz BLEゲートウェイの導入を支援するSB C&S株式会社が共同で、データの可視化システムを導入し、CO2センサーで取得したCO2濃度の状況をタブレット端末やサイネージで表示し、換気状況をリアルタイムにお知らせすることができます。「conect+」は、データの可視化、アラートシステムとして採用されました。





詳細については下記よりご確認ください。

https://cas.softbank.jp/wp-content/uploads/2020/05/200512_01.pdf

101回の閲覧

最新記事

すべて表示

c+ Studio メンテナンス作業のお知らせ(11/25)

下記の日程でconect+ Studioのメンテナンスを行います。 ご利用者様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 ■Update予定日 2020/11/25 ■変更内容 WebAPIのバックエンド環境のアップデート ■影響 今回のアップデートによるサービス影響はございません。 よろしくお願いいたします。

 

conect.plus Corp. - IoT Data Design

 SB Innoventure / SoftBank Group

東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル27階

購読登録フォーム

  • Google Places
  • Facebook

© conect.plus Corp. All Rights Reserved.